イベント情報

2018年7月11日

7月8日(日)小型ボート合同試乗会(山中湖)ご来場ありがとうございました。

先週の8日(日)小型ボート合同試乗会を山中湖で開催させていただきました。前日までは梅雨空でしたが当日は天気も回復し過ごしやすい一日となりました。梅雨の合間での開催でしたが関東はもとより静岡からも多くのアングラーの皆様にご来場いただきました。ありがとうございました。

今回の試乗会も2018年話題のアルミボート「NEW WJ-430」の試乗を目当てに多くのアングラーが開始早々からご来場いただきました。デッキの広さ、高さ、レイアウト、ストレージの容量、またシートに座ってコンソールとステアリングの位置を確認したりなど、操船のスタッフも朝9時から午後の3時頃までずっとボートと桟橋で試乗と説明を行っていました。それだけ注目されているということですのでしっかりと試乗と説明をさせていただきました。特にデッキの広さとレイアウト、さらにストレージの容量には来場の皆さんも納得でした。


☆「WIZARD NEW WJ-430」の主な特長 ☆
・専用FRPブラックコンソールも新登場、4ストローク50馬力まで搭載可能な剛性を高めた船体
・超ワイドで高さのあるデッキ、斬新なデザインで使いやすいデッキレイアウト
・このクラスのアルミボートで初となるロッドストレージとインナーデッキを標準装備

一方、フラッグシップモデル「STACER ST-440SF」は、EVOハルと角度の付いたデッドライズによりまさにバスボートと言える走行性を発揮します。今回は試乗された皆さんにセミVハルの「NEW WJ-430」と乗り比べていただきそれぞれのボートの特性も身をもって感じていただけたと思います。「ST-440SF」は、EVOハルがきっちりと波をかき分け、左右のブレや上下動がなく優れた直進性とソリッドでかっちりした高速走行性に改めて感心していただきました。「NEW WJ-430」はセミVハルと比較的フラットな船底により、水面を滑るように滑走します。ボートの重量はST-440SFよりも若干重いのですが、広い船底がその重量を上手く受け止め抜群の安定性を発揮します。水の上を滑る安定感を体感していただきました。

ボートの在庫、出荷に関しての質問も多くいただきましたので合わせてご案内いたします。STACERシリーズ全般在庫はございます。もちろんST-440SFの在庫もございます。「NEW WJ-430」は8月下旬以降の出荷を予定しています。 ただし、検査、生産、輸送などの状況により出荷が遅れる場合があります。予めご了承ください。WV-375D、WJ-396DX-Bは在庫は少なめですがございます。「NEW WJ-430」はデビューキャンペーンを開催中です。ただし、台数及び期間限定となっています。(期間 : 2018年6月11日(月)~ 7月31日(火)/又は限定台数に達成した時点)期間も台数も少なくなってきました。ぜひこのチャンスをお見逃しなく。

※キャンペーンの詳細は下記アドレスからご覧ください。
http://www.stacer.jp/event.php?pageno=2
http://www.stacer.jp/event.php?eid=00616#00616

※キャンペーンの詳細やボートの在庫等につきましてご質問などございましたら、弊社アルミボート契約販売店、又は弊社営業課までお気軽にお問合せください。

株式会社 キサカ
営業課 072-233-8888

 
   |   
 
一覧を見る

Page Top